信頼できるアリバイの作り方
新着情報

◎2024/2/1

情報を更新しました。
>アリバイ会社のメリットについて詳しく解説
>アリバイ会社利用時のデメリットについての解説
>アリバイ会社の利用で起こるトラブルに注意
>アリバイ会社選びに失敗しない職種の選び方
>アリバイ会社と法律の関係を理解するためのガイド

◎2023/4/3

情報を更新しました。
>不倫や浮気相手としての別れ話にも対応するアリバイ会社
>社員だと証言してくれるアリバイ会社の利用
>クレジットカードが作れないとき、アリバイ会社を利用していいの?
>アリバイ会社を利用しても問題ないという誤解
>アリバイ会社を利用するために必要なスキル

◎2022/6/10

情報を更新しました。
>アリバイ会社ってどのくらいのタイミングで電話すれば良い?
>アリバイ会社は違法じゃない!安全に作る手順
>水商売でも使えるアリバイ会社があるから安心
>アリバイ会社の利用は危険性が伴う可能性も
>アリバイ会社を活用してカードローンの在籍確認をパスする

◎2019/1/28

活用してカードを作る
の情報を更新しました。

◎2018/11/2

アリバイ会社でも社会保険に入れるのか
の情報を更新しました。

◎2018/9/12

雇用証明書が作れる
の情報を更新しました。

◎2018/7/27

アリバイ会社のサービス:仲介業者紹介
の情報を更新しました。

◎2018/5/1

アリバイ会社のサービス:電話転送
の情報を更新しました。

◎2018/3/30

サイト公開しました

「アリバイ 給与」
に関連するツイート
Twitter

18歳、19歳未経験者向け、高収入アルバイトをご紹介してます!! 名古屋の顧問店舗を中心にご紹介!身バレ、アリバイ給与、待遇面はご安心下さい😌 質問はお気軽にDMにて!

返信先:国民の意見を聞いたというアリバイだけ作って無視するんだろうけど、まずは公的年金控除額の廃止を提案してください 給与収入と違って公的年金に必要経費なんて1円も必要ないんだから

返信先:おい岸田! 給与明細には減税した分が国民に分かりやすくする為に(アリバイ作りだろうが)記載するように企業に要求したらしいじゃないか💢 で?増税分は何処に記載すればいいんだ? まさか都合の悪い増税分は国民には内緒か? 分かりやすく何処かに明記させろ💢 クソッタレ💢

返信先:政府からの要請によって、アリバイつくりのような定額減税を給与明細へ記載する対応するなら、この際同時に、会社が支払っている分の社会保険料も給与明細に記載すべき。普段、経営者だけが厳しさに直面している社会保険料の本当の額を、一般社員も知ったほうがよい。

『税法の成立前より広報してきた。引き続き丁寧な発信に努める』 ネットの反応見れば寝耳に水ばかりじゃないか。共同親権もそうだが、都合の悪いものはステルス。最低限のアリバイづくりは丁寧な発信とは言わない 定額減税額、給与明細に明記 6月から企業に義務づけ