信頼できるアリバイの作り方
新着情報

◎2024/2/1

情報を更新しました。
>アリバイ会社のメリットについて詳しく解説
>アリバイ会社利用時のデメリットについての解説
>アリバイ会社の利用で起こるトラブルに注意
>アリバイ会社選びに失敗しない職種の選び方
>アリバイ会社と法律の関係を理解するためのガイド

◎2023/4/3

情報を更新しました。
>不倫や浮気相手としての別れ話にも対応するアリバイ会社
>社員だと証言してくれるアリバイ会社の利用
>クレジットカードが作れないとき、アリバイ会社を利用していいの?
>アリバイ会社を利用しても問題ないという誤解
>アリバイ会社を利用するために必要なスキル

◎2022/6/10

情報を更新しました。
>アリバイ会社ってどのくらいのタイミングで電話すれば良い?
>アリバイ会社は違法じゃない!安全に作る手順
>水商売でも使えるアリバイ会社があるから安心
>アリバイ会社の利用は危険性が伴う可能性も
>アリバイ会社を活用してカードローンの在籍確認をパスする

◎2019/1/28

活用してカードを作る
の情報を更新しました。

◎2018/11/2

アリバイ会社でも社会保険に入れるのか
の情報を更新しました。

◎2018/9/12

雇用証明書が作れる
の情報を更新しました。

◎2018/7/27

アリバイ会社のサービス:仲介業者紹介
の情報を更新しました。

◎2018/5/1

アリバイ会社のサービス:電話転送
の情報を更新しました。

◎2018/3/30

サイト公開しました

「アリバイ サービス」
に関連するツイート
Twitter

診療報酬のオンライン請求の準備を進めてるんだけど各事業所にVPN引っ張って国保・社保にデータ送るって言ってるんだけどレセプトの記録はどのサービスもクラウド管理なの…事業所がVPN構築する必要ある?コストかけるとこ、そこ?VPN使ってるから大丈夫ってただのアリバイよな…回線屋が儲かるだけ…

各種レセサービスと、社保、国保との回線がセキュアであれば問題ないし、そこを厳密にするのなら、記録端末自体が各種レセプトサービスとの回線が制度が意図する程度にセキュアじゃないと…ただVPN使ってるって言うアリバイにしかなってなくて、そのアリバイのためにこんなコストかけてんの…かな…

使いにくいサービスを民間が作ったら単に使われなくて終わりです。 行政の使いにくいサービスは利用者が少ないけれど、潰れない分、維持費ばかりかかって税金の無駄遣いになる。なのでアリバイづくりのヒアリングではなく本気で市民の使い勝手を聞いて立ち上げるべき。(だった) 補助金は税金やぞ!

返信先:基本直前キャンセル可能で緊急連絡ダイヤルもありますが、無人サービスなので手間は掛かってしまいますね。 現地に空き車両無ければキャンセル一択なのが辛いところではある。 ※自分も車内据付のガソリンカードが使えず後日精算した事あるし、キズ等はメールで都度報告してます(アリバイ証明の為)